世界我市場 H30年度国際経済科からグローバルビジネス科へ

名古屋市立名古屋商業高等学校

Tel 052-751-6111

(FAX)052-761-7508

World Youth Meeting 2018 プラチナ賞受賞

2018/09/05

001 大きく.jpg

 本校は、海外の高校生と協働で英語プレゼンテーションを行う国際交流プログラム「ワールドユースミーティング」に毎年参加しています。8月2日、関西国際空港に降り立った台湾の高校生たちは大阪、福井、名古屋へ向けてバスで移動しました。夜、姉妹校である高雄市立中正高級工業職業學校と、久しぶりにチームを組む高雄市立鼓山高級中學の生徒たちを乗せたバスが無事に名古屋商業高校に到着しました。ホームステイを受け入れる本校の生徒たちと、やっと会えた喜びを分かち合っていました。翌日からの3日間は、8月6日・7日に開催される大会に向けてそれぞれのチームがプレゼン作成やリハーサルを重ねていきました。
今年の大会テーマは「What does well-being mean for our future?」(邦題:Well-beingと私たちの未来)です。参加チームはこのテーマに沿って自由にプレゼンテーションを行います。生徒たちは、SNSやメールなどを活用しながら事前準備を進めました。どのようなプレゼンテーションにしたいか、情報収集をどうやるか、チーム内の役割分担をどうするかなど、様々なことを共通語である英語を使い、ひとつずつクリアしていかなければなりません。

 8月6日・7日に日本福祉大学東海キャンパスにて、World Youth Meeting 2018が開催されました。CAは、姉妹校である高雄市立中正高級工業職業學校(台湾)と、鼓山高級中學(台湾)とそれぞれチームを組み、英語によるプレゼンテーションに臨みました。
 全体会での発表の後は、アクティブラーニング・セッションが行われ、40人程度の聴衆の前で発表しました。これは、聴衆との質疑応答などを踏まえて再構成されたプレゼンテーションを行うもので、自分たちの発表をさらに深めるためのものです。このセッションを通して学ぶことは多く、生徒にとっては自らの知識や英語力について見つめ直すことができたのではないでしょうか。
 結果は、特に優秀なチームに贈られる「The Platinum Prize(プラチナ賞)」を名古屋商業&中正工業チームが受賞しました。3年ぶりとなる快挙です。名古屋商業&鼓山高校チームは「The Gold Prize(ゴールド賞)」でした。生徒たちは限られた時間の中、オールイングリッシュでの協働やホームステイといった国際交流の中で多くのことを学びました。このかけがえのない貴重な経験を今後に活かしてほしいと思います。

002.jpg 003.jpg

004.jpg 005.jpg

006.jpg 007.jpg

008.JPG 009.JPG

010.JPG 011.JPG

012.JPG 013.JPG